音楽、音楽、そして音楽、とスタッフと出来事と、少々・・・♪

Powered by Ayapon RSS! オススメ 相互リンク ページランク

 今回は永島先生が福岡ご到着から演奏会当日まで、その一部で運転手兼でお供させていただいたわけですが、まあこれほど緊張したのは久々でした。

 いわゆる「人の格」というものを肌で感じられる、福岡では久しく体験できなかった緊張感と和みというものを体験したわけですよ。現時点で上手いから、先々継続できる?というささやかな疑問を、今日まで継続するとこのような人になれるんだろう・・・そんな事を考えつつ、ハンドル握ってましたです。

 終始温厚、そしてやさしい口調。しかし、その奥に潜む迫力とも愛情とも、気迫が常に漂っている空気は素敵ですね♪

 で、今回の楽器ですが、知っている方には「あの楽器」なんですが、私のような素人には「何ですか?」だったんですね。しかも、音が複雑で・・・同じコントラバスのはず・・・なんですがじつに不思議でした。

 とりあえず、移動中は終始「警戒モード」、久々のSPバリの空気で周囲には不快だったかもしれませんが、何せ状況が状況だったので、察してくださいませw
特にホテル前、隣のテナントの行列に割り込む形になってすみませんでした。それと会場前の工事関係者の方々、ご協力感謝です♪アルバイトの方でしょうか?ちょっとお話したら、楽器の金額に口パクパクしかかってましたけど、おかげでスムーズに移動ができました。

 本番を通して、色々な関係者の方々はもちろん、特に地元高校生達、九大フィル関係者の方々の感想を聞いてみたいものです。どうだったのでしょうか?
残念ながら、私は始終外におりましたので、アンコール以外は直接聞けてはいません。それでも壁伝いに素敵な音が響いておりました。

 今回のご縁にさそってくださった吉浦先生(九州交響楽コントラバス:永島門下)、そして当日の急なサポートに嫌な顔せずスムーズに対応してくださった丹羽さん(ジャズベーシスト)、今回の後方支援組織の代表の時津さん(コントラバス フリー:永島門下)、そして支援部隊の皆様w
お疲れ様でした。

sIMG_6231.jpg
アンコールより

sIMG_6242.jpg
師弟記念撮影

ssIMG_6248.jpg
門下関係者記念撮影

*九州キリスト教会館にて

もし、この記事を読んで、当日の感想などいただけるようでしたらお願いします。他にもご意見、システム的な面での見落としなど、お気づきの点があればご連絡いただければ幸いです。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【2007/11/17 09:39】 | 製作裏方話
トラックバック(0) |



“ 夢と輝き ”

マテオ・ゴフリラが歌う永島義男の世界 !!

東京藝術大学教授



永島 義男

コントラバス リサイタル




2007.11.15(木)
s20071115.jpg

開場 18 : 30 / 開演 19 : 00

<料金(前売)>
一般 ¥4,000 / 高校、大学生 ¥3,500 / 小、中学生 ¥3,000
*ベースクラブ会員は各 \ 500 割引
*当日料金は + \ 500 になります
*未就学児童の入場はお断りいたします


<出演>
永島 義男(コントラバス)
阿部 真弓(ピアノ)

<曲目>
ミシェック「ソナタNo.1」
チェルニー「愛の歌」
チェルニー「マズルカ」
ブルッフ「コルニドライ」
ヘルトゥル「協奏風ポルカ」
ボッテシーニ「カプリチオブラヴーラ」

<会場>
九州キリスト教会館
4F ホール
福岡県福岡市中央区舞鶴2-7-7
tel 092-712-6808

*お車でご来場の方は近隣のコインパーキングをご利用ください
*地下鉄赤坂駅3番出口より徒歩7分
*西鉄バス法務局バス停より徒歩5分



<主催>
Katsubas@E's(カツバス・アット・イーズ)

<後援>
(財)福岡市文化芸術振興財団
福岡市
福岡市教育委員会

平成19年度福岡市民芸術祭参加 

九州ベースクラブ

<チケットインフォメーション>
事務局:092-716-5344
rikacci7@fka.att.ne.jp(トキツ)
katsubas@fka.att.ne.jp(ヨシウラ)
090-2397-9770(オークボ) 
ago18@jcom.home.ne.jp

s20071115_back.jpg



~ 無事終了しました ~



ごあいさつ

「昨年の今頃だったと思いますよ。私の恩師である永島義男先生と話をしてまして、「永島先生のソロリサイタルを九州で…」という話が出たんです。丁度、今年は永島先生が還暦をお迎えになる節目の年でもあるという事で、九州出身の門下一同でお祝いの意味も含めた演奏会になれば先生もお喜びになるかと思って、今回のリサイタルの企画を提案したわけなんでけどね。
【東京藝術大学教授】として文字通り日本のコントラバスの歴史に名を刻む方ですから、
コントラバスやっている方はもちろん、普段この楽器に接する機会が無い方にこそ、ぜひ足を運んでいただきたいです。
 それでは当日、皆様のお越しをお待ち申し上げております。」

                       九州交響楽団:コントラバス奏者 吉浦勝喜




永島 義男(コントラバス)
s_y.nagashima.jpg


1947 東京に生まれる

東京藝術大学在学中に学内にて安宅賞を受ける。
27才のときより、母校・東京藝術大学で後進の指導をはじめる。
ソロ、室内楽奏者としての道を進みはじめ、リサイタル、オーケストラとの共演、室内楽、放送、TV等に数多く出演。また、現代の音楽にも積極的に取り組み、その優れた表現と演奏に対し、1986年第4回中島健蔵音楽賞が与えられる。
これまでに、1982年:イギリス・マン島国際コンクール、2000年:宝塚ベガコンクール、・2001年:泉の森国際コンクール、2003年:宝塚ベガコンクール、イタリア ボッテシーニ国際コンクール、2006年:栃木コンセールマロニエ21、各コンクールの審査員を務める。

2007年現在、東京藝術大学教授。東京音楽大学、沖縄県立芸術大学、桐朋オーケストラアカデミー各講師。
中国音楽学院(中国:北京市)客員教授。


 著書『朝錬 コントラバス』(全音楽譜出版社、1996年)
   『うまくなろう コントラバス』(音楽之友社、2001年)

 CD 『ヴィルトゥオーゾ・イン・コントラバス』(コスモヴィレッジ CV-5005G)
   『ホリガー・アンサンブル』(コロンビアミュージックエンターテイメント B0006B9ZII)
   『コントラバスの煌き』(ADEL. ADLC-0704)

 DVD 『管打楽器セミナー(1)コントラバス』(監修)(大蔵書院、2003年)

[HP]http://diary.jp.aol.com/fd4s8bv/



阿部 真弓 (ピアノ)
m.abe.jpg

福岡県立筑紫丘高校、桐朋学園大学ピアノ科卒業。淀川郁子、末永博子、富本陶、三浦みどり、安井耕一の各氏に師事。1990年夏ミュンヘン国立音楽大学にて、ミヒャエル・シェ-ファ-氏に師事。
大学4年在学中より、N響首席フル-ト奏者 小出信也氏の各地のリサイタルでの伴奏を務める。
以降、ゲヴァントハウス管弦楽団首席チェロ奏者 ユルンヤーコブ・ティム氏をはじめ数々の著名な演奏家と室内楽やリサイタルの伴奏で共演する。
1990年第43回日演連推薦新人演奏会にて九州交響楽団と1992年には六本松室内管弦楽団とモーツアルトの協奏曲を共演。1994年日露交歓コンサートに出演。1999年北九州芸術祭にて「伴奏者賞」を受賞。
現在、中村学園大学非常勤助手。



追記を閉じる▲

【2007/11/15 00:00】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |
20071111.jpg


【開場】19:00 【開演】19:30

【料金】
 一般 2,500円 (ワンドリンク付)
 高校生以下 1,500円 (ワンドリンク付)
 ※小学生未満無料 (要オーダー)

【出演】
小田美代子(クラリネット)

時津りか(コントラバス)

岸本麻子(ピアノ)

【会場】
宮の杜ギャラリー「もも庵
福岡市東区箱崎1丁目43-18 印房小山田2F
tel 090-4350-8798

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2007/11/11 00:00】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |
The B.C.K
2007年11月08日(木曜日)

20071108cafeariwa.jpg

クラシックとジャズの低音の魅力をここに集結♪
ただただ、純粋に楽しい~ひと時をどうぞ。


【出演】
吉浦勝喜(コントラバス)

丹羽肇(ウッドベース)

□埜口浩之(ファゴット)

月岡翔生子(ピアノ)

【料金】 ¥2,500

【時間】 開場 19:00 / 開演 20:00~

【会場】

カフェ アリワ
福岡県福岡市西区小戸3-40ー8
tel 092-882-8822

[You Tube]

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2007/11/08 00:00】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |
2007年11月02日(金)

20071102.jpg


【出演】
吉浦勝喜(コントラバス)九州交響楽団

□みやざき都(筝)

□佐藤仁美(ヴァイオリン)九州交響楽団

19:00スタート
2000円(要ワンドリンクオーダー)

【会場】
もも庵
福岡市東区箱崎1丁目43-18 印房小山田2F
地下鉄箱崎線「箱崎宮前」駅下車徒歩3分

[You Tube]

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2007/11/02 00:00】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |