音楽、音楽、そして音楽、とスタッフと出来事と、少々・・・♪

Powered by Ayapon RSS! オススメ 相互リンク ページランク

ファゴットの、ファゴットによる、ファゴットのための演奏会。


20080209maple_s.jpg

~ MAPLE's ~
メープルズ

4本のファゴットによる演奏会



■日時
2008年2月9日(土)
開場 19:00 / 開演 19:30

■会場
【宮の杜ギャラリー もも庵】
〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎1-43-18 印房オヤマダ2F
http://www3.coara.or.jp/~momoan/

■料金
一般 ¥3,500 / 学生 ¥2,500 / 中学生以下 ¥2,000
*各ワンドリンク付

■曲目(予定)
「メドレー」ガーシュウィン、「四重奏」プロコフィエフ、他

■出演
菊地保、埜口浩之、鹿野智子、依田晃宣


■主催
埜口浩之(九州交響楽団ファゴット奏者)より

「私が使っている楽器ファゴットは、日頃なかなか近い距離でお目にかなれないものの一つかと思います。今回は、珍しい楽器と言うだけではなく、それを4人の演奏者との共演によるちょっと変わった嗜好も織り交ぜながら、ステージを楽しんでいただけたらと思います。

 また、当日のステージ終了後、お客様との合同セッションを考えていますので、もしご自身がファゴットを演奏されるという方は、ぜひ会場に楽器を忍ばせてきてください(笑)。
皆様と楽しい時間を過ごせますよう、頑張りたいと思います。

それでは当日、会場にてお待ちしてます。」



■チケットお問い合わせ
090-2397-9770 ago18@jcom.home.ne.jp
担当:オークボまで




*満員御礼の大好評でした♪

sIMG_7756.jpg
終演後の合同演奏&レクチャー風景より「菊地氏(中央)を中心としたセッション中」

sIMG_7763.jpg
終演後の合同演奏&レクチャー風景より

ssIMG_7769.jpg
集合写真


演奏の様子(抜粋)


17本のファゴットによる合同セッションより
▼出演者プロフィール


菊地 保(Kikuchi Tamotsu)
tamotsu_kikuchi.jpg

 広島県呉市出身。
 岡山県作陽高等学校音楽科を経て、作陽音楽大学(現・くらしき作陽大学の前身)音楽学部に入学する。
 在学中より、広島交響楽団・大阪フィルハーモニー交響楽団などで研鑽を積みながら、作陽音楽大学を卒業する。
 1976年5月、財団法人・九州交響楽団に入団する。
 1993年及び98年、JT・アフィニス・セミナー(音楽祭)に参加する。
 2004年1月、九州交響楽団創立50周年記念直方公演及び福岡巡回公演《天神でクラシック・ディスカヴアリー・シリーズ》(大山平一郎指揮)の独奏陣に抜擢され、モーツアルト:協奏交響曲を演奏する。
 同年3月、九州交響楽団佐賀公演《九電・文化の森コンサート》(大山平一郎指揮)で、ヴオルフガング:コンティニュウムⅢ「ブルーなバスーンのためのファンタジー《を日本初演する。
 同年4月、オーボエの菅付章宏室内楽リサイタル(岡山テルサ)に参加する。
 2005年2月、行橋みのり保育園創立50周年記念事業(コスメイト行橋)に参加する。
 同年9月、クラリネットの伊藤千佳室内楽コンサート(松山市民会館)に参加する。
 2006年2月、倉敷バッハアンサンブル第3回定期演奏会(岡山テルサ)に参加する。

 声楽を堤 温、菅谷省三、和声学を天田繋、合唱を金谷良三、指揮を早川正昭、安永武一朗、
 チェンバロを本岡浩子、ピアノを酒見佐伎子、福富寛子、室内楽を岩崎勇、新田厚、デール・クレヴェンジャー(シカゴ響)、ラリー・コームス(シカゴ響)、ピーター・ボウマン(セントルイス響)、河野俊子(ワシントン・ナショナル響)、ジェラルド・コーリー(オタワ・ナショナル響)、ファゴットを三原泰三(元・京都市響)、森 泰夫(前・京都市響)、仙崎和男(京都市響)、宇治原 明(前・大阪フィル)、ギュンター・フィツツェンマイヤー教授(元・WDRケルン放送響、現・カールスルーエ音大)、ジェラルド・コーリー(オタワ・ナショナル響)の各氏に師事する。



埜口 浩之(Noguch Hiroyuki)
hiroyuki_noguchi.jpg

福岡県出身。
東京芸術大学卒業。
在学中アスペン音楽祭(米国)参加。第51回日本音楽コンクール入選。東京交響楽団を経て1989年九州交響楽団に入団。1994年アフィニス海外研修員としてフィラデルフィアにて研修。

ファゴットを西村孝史、中川良平、B.ガーフィールドの各氏に師事。

オーケストラ活動の傍ら、ソロ活動、室内楽、ジャズの分野でも“人の心に響く音”をテーマに活動中。



鹿野 智子(Kano Tomoko)
tomoko_kano.jpg

栃木県出身。12才よりファゴットを始める。
東京芸術大学、及び同大学院修了。 大学院の時に結成した「リュセルー木管五重奏団」で リサイタルを多数開催、NHK FMリサイタル出演。 卒業後5年間 桐朋学園大学 嘱託演奏員を務める。「宮崎国際音楽祭」「別府アルゲリッチ音楽祭」「サイトウキネンフェスティバル」などに多数参加。 天皇陛下即位10年記念式典でのオーケストラ御前演奏に参加。 シエナウインドオーケストラに入団後は2006年月刊誌「バンドジャーナル」のワンポイントレッスンを一年間連載。日本各地の吹奏楽コンクール等、審査員を多数務める。

ファゴットを鈴木太志、岡崎耕治、吉田 將の各氏に師事。



依田 晃宣(Yoda Akinobu)
akinobu_yoda_s.jpg

東京生まれ。
東京藝術大学音楽学部卒業。在学中より、藝大における様々なプロジェクトに積極的に関わる。卒業時に「ヤマハ管楽器新人演奏会」出演。MMCK (ミュージックマスターズコースin かずさ)や「小澤征爾音楽塾」、(財)九州交響楽団の推薦により「第18回アフィニス夏の音楽祭」等の講習会に参加。また、「サイトウキネンフェスティバル」「水戸室内管弦楽団」「アンサンブルofトウキョウ」「別府アルゲリッチ音楽祭」「東京のオペラの森」「JTアートホール室内楽シリーズ」などの演奏会や音楽祭への出演の他、国内各地のオーケストラにも数多く客演を重ねている。
現在、東京藝術大学管弦楽研究部非常勤講師(藝大フィルハーモニアファゴット奏者)。


追記を閉じる▲
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2008/02/09 00:00】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |