音楽、音楽、そして音楽、とスタッフと出来事と、少々・・・♪

Powered by Ayapon RSS! オススメ 相互リンク ページランク

「ジャンルって、聴く側に制限をかけてません?」

そんな会話だったかどうかすら不明ですが、約5年ほど前に当時の福岡市中央区にあったマックスウィンというスコティシュパブで松下氏と話をしたような記憶があります。これを元に、第一プランのデュオで田口氏に、そして今回の第二プランのトリオで鈴木氏へと増殖していったわけですが、純粋に何でこのメンバーだったのか?その問いかけをして下さった方は、一人もいません。良い事なんでしょうね、これって。反面、誰でも良かったのか?ということは100%以上の可能性で否定しますけどね(笑


・ギターの可能性
 こんな事、その界隈に属する方々には愚問に近いことなのかもしれません。が、福岡のそれにおいて、その部分への回答を提供してくださったのは、九州交響楽団の吉浦氏だけでした。氏は、主にコントラバスにおけるスペシャリストですが、音楽と言う全体枠においても私にとって大きな影響を与えてくださったお一人です。ジャンルの統合ではなく、楽器による可能性の追求、その先にある音楽観。これが今回の深層にあったテーマです。各種お客様含めまして皆様が好意的な意見を書いてくださっている中、本家がこのような意見を出すのもどうかとは思いましたが、根本的な部分のずれがあるように感じましたもので、あえて書いております。ジャンルではなく、偉大なギタリスト三名における音楽観の統合、これが今回の結果だと思ってます。ですから、他ジャンルに興味が無い方にとっては、とても退屈なものに思えたかもしれませんし、「鈴木氏を召還して武満無!」みたいなオチは?という方もいらっしゃったかもしれません。今回はまず、不協和音の削除、方向性の自由度とギターの自由度の比較検討、三名の呼吸調整、その部分に最も時間を割いていただきましたし、自分も東京に出向いて話をさせていただきました。

「調和」

瞬間かもしれませんが、垣間見れた方、もし、いらっしゃったら今回の実験は大成功だったと思います。ギターであそこまで出来る、そしてそれは上級者が揃ったからとか、技術があるメンバーだからとか、メジャーな演奏を知っているからとか、そんな瑣末な話ではなく、音楽とギターとお客様に対する考え方を、出演者三名が共有する気持ちでおもてなし出来たからこそ、このような連鎖になった、そのように確信してます。ある意味、こう書いているとギターである必要はないかも?と思ったりもしますが、何よりこのメンバーであったことが幸せの切っ掛けでしょうね。


・音響
「生音が良かった」
「スピーカーはちょっと」
アンケートに垣間みましたご意見、ごもっともです。
会場の条件を知って、足を運んでくださったお客様であればこそ、慎重な意見も重要なポイントです。
今回、あえてPAを入れました。その理由は幾つかありますが、

・通常、JAZZ系の方々であれば普通の作業である。
・会場のキャパに対する補強。

今回は、クラシックのギタリストでしたが、クラシックとは書いておりません。ここにその意味があります。皆様よくご存知のアランフェス交響曲。これ、真っ当に演奏したら、ギターなんて全く聞こえませんよね。増幅の意味を勘違いされている方も多いようですが、生音の減少を補完することが目的で、主音声の増幅をする行為ではないわけです。したがって、若干遠くまで音が届く、その仕掛けをするために今回は最強の助っ人で演出補佐までお願いしたジャバラ倶楽部の江島氏、彼の都合がNGだったら、即企画を中止にしたほど影響が大きかったスタッフです。最近の大音量のPAや、日常でのステレオ環境で耳が変化した方も多いのではないか?そんな素朴な疑問も準備期間中に頭の中をよぎってました。現実に東京のコンサート会場で近いものを目にしましたし。不安より、環境に慣れさせることへの手法を考える事で頭をひねってみたわけですが、結局「ナチュラルに」という当日の設定がベストだったと思います。ただ、MCの件は音量に検討の余地があるのかもしれません。最後尾列のお客様には不憫な思いをさせたかと思います。


・次回以降と反省点
キャパもですが、設定上「飲食可」といった場所での開催が望ましいのですけど、なかなかですね。
ネタ的な物は色々とあるのですが、ともかくお客様にもっと参加していただける空気を作れる場所で、次回を考えたい、そう思う次第です。もっとも、他の方がこのまま企画をついで下さったても構わないわけですが(笑

「距離感」

今しばらくこのキーワードは高い難易度に位置しそうですね。


最後に、今回の企画に強力なサポートとしてお手伝いいただきましたフォレストヒルアカデミーのスタッフの皆様、社長ご夫妻、本当にありがとうございます。他人のふんどしでと言われてもおかしくな程に、こちらの皆様のおかげで、今回の出会いが成立したと思っております。そして現場サポートをご紹介いただいたピカラックの谷瀬氏、宣伝ご協力いただきましたニューコンボの有田氏、各飲食店関係の皆様、写真の川上氏、デザインのてくにこデザインさん、皆様、本当にありがとうございます。

お忙しい中、色々と提案をいただいた田口氏、東京滞在中に色々と話を聞かせてくださった鈴木氏、そして、私が最も恩義が深く、お世話になっているギタリスト 松下氏、大役本当にご苦労様です。
次回、未定ですが、続編は前向きに検討したいと思いますので、応援よろしくお願いします。


CA3A0438.jpg


鈴木大介
http://daisukesuzuki.at.webry.info/

田口悌冶
http://blogs.yahoo.co.jp/teiji_taguchi/

松下隆二
http://projectshamrocksideb.blog100.fc2.com/blog-entry-3.html



Project Shamrock 代表:大久保 徹
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ギター - ジャンル:音楽

【2009/03/28 00:00】 | 製作裏方話
トラックバック(0) |
◆3/27 (金)

 【時間】 1st. 18:00~ / 2nd. 20:00~

 【場所】 Cafe Alikwa(カフェ・アリワ)
      福岡県福岡市西区小戸3-40ー8
      [tel] 092-882-8822

 【チャージ】 ¥300 + 要オーダー

 【演奏】 岸本麻子(ピアノ)

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2009/03/27 00:00】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |
tangonosekku2009omote3030.jpg
tangonosekku2009ura3030.jpg

タンゴの節句2009w/ケンジ&リリアナの日程は以下の通りです。
3/13(金)門司・「赤煉瓦ホール」(赤煉瓦交流館内)
3/14(土)下関・下関酒造「酒庵・空」
3/16(月)福岡・「アクロス福岡円形ホール」

詳しくは、下記TLFサイトで
http://www.tlftango.com/

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2009/03/02 15:21】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |
20090310momoan_B.jpg

20090310momoanflyer.jpg

異色のメンバー&異色の音楽の世界へようこそ♪

2009年03月10日(火曜日)

【開場】
 19:30/20:00~

【出演】
 吉浦勝喜(コントラバス):九州交響楽団所属
 埜口浩之(バスーン):九州交響楽団所属
 月岡翔生子(ピアノ):ジャズピアニスト
 丹羽肇(ベース):ジャズベーシスト

【料金】
 \3,000(ワンドリンク付)

【会場】

 もも庵

 〒812-0053
 福岡市東区箱崎1-43-18-2F  
 090-4350-8798
 http://www3.coara.or.jp/~momoan/index.html
 http://momoann.exblog.jp/

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2009/03/02 15:18】 | 出来事(日常偏)
トラックバック(0) |
 つい先週、東京で「松下隆二プロデュース Guitar vol.2」の音合せに行ってきました。実は、先月は福岡で密かに行われていたわけですが、一部の楽譜が未完成だったりで、、今回の合せで初めて全体像が出来上がったわけでして(笑

http://projectshamurock.blog54.fc2.com/blog-entry-105.html

この間の出来事に関しては、各出演者のブログにも記事が載ってます

鈴木大介ブログ
http://daisukesuzuki.at.webry.info/200902/article_37.html
http://daisukesuzuki.at.webry.info/200902/article_38.html

田口悌冶ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/teiji_taguchi/11237734.html

そして何と!
今回の縁で繋がった企画の余波が、鈴木大介トリオにも出ました。
今回の企画用に田口さんが編曲し直してくださったオリジナル曲【トリロジー】を東京の八王子のホールで初披露♪もちろん、クラシックメンバーのみですので、オリジナルとはまた違った音の広がりが出て楽しめました。

CA3A0405.jpg

CA3A0406.jpg

今回の「松下隆二プロデュース Guitar vol.2」では、田口さんオリジナル曲をこのメンバー専用に書き直した曲が他にもありますので、お楽しみに。

FC2blog テーマ:ギター - ジャンル:音楽

【2009/03/02 14:53】 | 出来事(日常偏)
トラックバック(0) |