音楽、音楽、そして音楽、とスタッフと出来事と、少々・・・♪

Powered by Ayapon RSS! オススメ 相互リンク ページランク

 色々あったようで、今手元に残るもので、感慨深かった出来事は少ないものです。

成長とは、理不尽との並走によって生まれる闘争心から派生するもの。

来年の目標とまでは行きませんが、そろそろ次の段階でよいのではと思っておりますので、かなり展開を改める方向で検討したいと思います。今更ながら、囲われる事に対する恐怖を力強く教えてくださったギタリストのJINMO氏、闘争心という物を無くす事が一番の恐怖であるという事を示してくださった谷川俊太郎氏、事の運び方の丁寧さの必然を照明してくださった高瀬麻里子氏、この皆様に感謝。

 後は、欠けたピースを拾い集めるたびに出たいと思います。

 ああそうそう、ワタクシ日本人ですので、日本人として何をするか?してきたのか?という音楽ジャンルに対しての再考察も面白そうなので、その辺も踏まえて「脱・昭和」が2015年の準備期間でしょうか。

 興味があれば、足をお運びくださいませ♪
スポンサーサイト

【2014/12/31 21:27】 | レポ
トラックバック(0) |
 この話が来たのが10月。
そして予定日が11月。
正直、無理かな?というのが最初の滑り出しでした。

まず、会場。
ピアノ付きで押さえるのは、今は至難の業なんです。
もちろん、予算度外視なら・・・ですけどね。
数箇所、当てにしていた場所は全てホールド済み。
やむを得ず、今年になってお付き合いが始まった豆づか山さんに、かなりの無理を聞いてもらうかたちになりました。
が、結果、新しいピアノ調律師の方とも出会い、お客様にもなかなかに好評、お店のスタッフの方にも親近感をいただけたという、良いこと尽くめで終わった次第です。
翌日のステージにも岸本はお供、ちょっとだけ出させていただいたわけですが、あらためて高瀬麻里子氏の実力の高さには脱帽しております。

 言葉を伝えるために、何が必要か?

この意思は、詩を作成した時点で発生しており、それを何処まで追いかけるのか?しかも丁寧に。
このやたらと根気の要りそうな作業には、じつは物凄い数の基礎と、それを組み立てるだけの知識、経験はもちろん、センスが必要になります。その代表例が詩人である谷川俊太郎氏でしょう。
なぜ、麻里子さんがディーバでヴォーカルをやっていけるのか?この答えが今回のステージの中ではっきりと認識できた事は、6月の経過を考えると、まさしく最短で通過できた事になる!それ程大きな発見であり、経験でもありました。

 歌声がツヤツヤでコロコロしている。

麻里子さんの声を、岸本が表現した文章ですが、思いの他この言葉で理解してくださる方が多く、驚いております。
率直に言えば、まさしくこの表現どおりの声、歌の響き、なんです。
全てがクリアーに、明確に、優しく、軽やかでもあり、しっとりでもある。絶妙さという言葉は音に乗ってこそですが、それこそどんな音楽でも出来るのでは?と、思ってしまう声でした。

打ち上げの席で、色々な種明かしをしてくださいましたが、まあ正直、これが判ったから出来る!な~んて優しい代物ではない事だけは、ここに書いておきます。


 良い音楽、一つそれは、作り手の理想を叶える事であって、演者の理想を掲げるものではないようです。
日々の積み重ねの意味合いは、その一音の重さでわかるのが、良い音楽です。
ですから、キャリアが短いから駄目とか、楽器が下手だから駄目とかではなく、決して奢らない姿勢をメッセージに載せる事が出来る事が、素晴らしさを生む秘訣なのかもしれません。

 また次回、来福の際はよろしくお願いいたします。


「とつぜんのお誘いで...」

 2014.11.30(日)

出演
・高瀬麻里子(Vo)
岸本麻子(Pf)


豆づか山
 福岡県春日市小倉3-110
 TEL 070-5692-3005 / FAX 092-575-4428
 通常営業日 水・木・金・土 午前11時頃~午後8時
 http://www.mamedukayama.jp/

【2014/12/31 21:18】 | レポ
トラックバック(0) |