音楽、音楽、そして音楽、とスタッフと出来事と、少々・・・♪

Powered by Ayapon RSS! オススメ 相互リンク ページランク


西南高校卒、現ドイツ在住のクラシックギター奏者

太田 耕平

一時帰国リサイタル

2010_10_14.jpg

2010年10月14日(木)
西南コミュニティーセンターホール
福岡市早良区西新6-2-92
西南学院大学東キャンパス
092-823-3952

開場 18:00
開演 19:00


一般  前売 ¥2,800 / 当日 ¥3,500
大学生 前売 ¥2,300 / 当日 ¥3,000
高校生以下 一律 ¥1,500
*フォレストヒルミュージックアカデミー生徒は上記の金額より各¥500割引
*未就学児童の入場はご相談ください

出演
太田 耕平(クラシックギター)、手塚 有希子(ヴァイオリン)

賛助出演
松下 隆二(クラシックギター)

曲目
BWV.998プレリュード・フーガ・アレグロ(J.S.バッハ)
グランソロ(F.ソル)
コンポステラ組曲(F.モンポウ)
タランテラ(M.カルテルヌオヴォ=テデスコ)
バイオリンソナタop.5第三番(A.コレッリ)


*演奏者の都合上、急遽曲目が変更される場合がございますので、あらかじめご了承ください。




【チケットお問い合せ】

フォレストヒル音楽工房
092-715-3828

Project Shamrock
090-2397-9770(オークボ)

【後援】
フォレストヒルミュージックアカデミー
九州ギター音楽協会
越智ピアノ調律技術研究所
ジャバラ倶楽部
Project Shamrock

【協力】
西南学院大学
太田 耕平
福岡県福岡市出身。フォレストヒル・ミュージックアカデミー(福岡市)にて、松下隆二・中野義久に、ソルフェージュを山田順之介にそれぞれ師事。この間、北口功、福田進一、R.アウセル、D.ラッセル、他の国内外一流ギタリストのマスタークラスを受講。2001年より単身イタリアに渡りVicenza(ヴィチェンツァ)国立音楽大学にてS.グロンドーナに、Brescia(ブレーシャ)市音楽学校にてL.モンディエッロに師事。2005、2006年にはシエナ市アカデミア・キジアーナ音楽祭に参加、O.ギリアのマスタークラスを受講、優秀生ディプロマを取得。2007年9月、Vicenza国立音楽大学を最高点主席にて卒業。1999年 山口県ギターコンクール主席、2003年 九州ギター音楽コンクール第2位、2005年コモ市Villa-Lobos(ヴィラ・ロボス)国際コンクールにてセミファイナル奏者、及び特別賞受賞。
2007年11月より、ドイツ フランクフルトに移住、フランクフルト国立音楽大学にて古楽器のリュートを専攻する傍ら、当地にて演奏、教授活動を行っている。


手塚 有希子
加藤治男、石井純、久合田緑、重森慶子、鈴木共子の各氏に 学び、その間1984年全日本学生音楽コンクール高校の部奨励賞。1990年桐朋学園大学卒業後、モーツァルテウム音楽大学にてシャンドール・ヴェー グ氏に師事し、カメラータ・ザルツブルグの団員になる。
1993年、フランスのオーヴェルニュ室内管弦楽団、第二コンサートマスターに就任、ソリストとしても同オーケストラと共演する。
1995年からはザルツブルグに居を定め、カメラータ・ザルツブルグおよびヨーロッパ室内管弦楽団を中心に活動し、オーケストラおよび室内楽団のメンバーとして来日公演にも参加している。その他参加したオーケストラにはニュージーランド交響楽団、ザルツブルグ室内楽団などがある。また室内楽ではミラベル宮殿でのコンサートなど、主としてザルツブルグを中心に活動しているが、ギドン・クレーメルが主催して話題を集めたロッケンハウス音楽祭にカルテットとして出演したほか、イタリア、ハンガリー、スロベニアを始めとした各地の音楽祭に参加を続けている。最近はフライブルグオーケストラのメンバーによる“アンサンブル・アカデミー“ に参加するど、古楽の方面にも力を注いでいる。と同時に即興演奏、アレンジなど、クロスオーバーにも挑戦、幅広いジャンル において活動している。


松下 隆二
1971年福岡生まれ。7才よりクラシックギターを坂本一比古氏に師事。和声学を吉田峰明氏に師事。 1990年 第18回山口県ギター音楽コンクール上級の部グランプリ。
1993年 第39回九州ギター音楽コンクール優勝。これを機会に渡仏パリ・エコール・ノルマル音楽院に入学。アルベルト・ポンセ、バブロ・マルケス両氏に師事。
1995年 ハバナ国際ギターフェスティバルに参加し福田進一氏と共演。帰国後はソロ・リサイタルや室内楽を盛んに行う。2000年 九州室内管弦楽団とアランフェス協奏曲第2楽章を共演し好評を博す。これまでに、レオ・ブローウェル、ペペ・ロメロ、福田進一、デイビッド・ラッセル各氏のレッスンを受講。フォレストヒルミュージックアカデミー講師、九州ギター音楽協会理事役員。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
太田 耕平
福岡県福岡市出身。フォレストヒル・ミュージックアカデミー(福岡市)にて、松下隆二・中野義久に、ソルフェージュを山田順之介にそれぞれ師事。この間、北口功、福田進一、R.アウセル、D.ラッセル、他の国内外一流ギタリストのマスタークラスを受講。2001年より単身イタリアに渡りVicenza(ヴィチェンツァ)国立音楽大学にてS.グロンドーナに、Brescia(ブレーシャ)市音楽学校にてL.モンディエッロに師事。2005、2006年にはシエナ市アカデミア・キジアーナ音楽祭に参加、O.ギリアのマスタークラスを受講、優秀生ディプロマを取得。2007年9月、Vicenza国立音楽大学を最高点主席にて卒業。1999年 山口県ギターコンクール主席、2003年 九州ギター音楽コンクール第2位、2005年コモ市Villa-Lobos(ヴィラ・ロボス)国際コンクールにてセミファイナル奏者、及び特別賞受賞。
2007年11月より、ドイツ フランクフルトに移住、フランクフルト国立音楽大学にて古楽器のリュートを専攻する傍ら、当地にて演奏、教授活動を行っている。


手塚 有希子
加藤治男、石井純、久合田緑、重森慶子、鈴木共子の各氏に 学び、その間1984年全日本学生音楽コンクール高校の部奨励賞。1990年桐朋学園大学卒業後、モーツァルテウム音楽大学にてシャンドール・ヴェー グ氏に師事し、カメラータ・ザルツブルグの団員になる。
1993年、フランスのオーヴェルニュ室内管弦楽団、第二コンサートマスターに就任、ソリストとしても同オーケストラと共演する。
1995年からはザルツブルグに居を定め、カメラータ・ザルツブルグおよびヨーロッパ室内管弦楽団を中心に活動し、オーケストラおよび室内楽団のメンバーとして来日公演にも参加している。その他参加したオーケストラにはニュージーランド交響楽団、ザルツブルグ室内楽団などがある。また室内楽ではミラベル宮殿でのコンサートなど、主としてザルツブルグを中心に活動しているが、ギドン・クレーメルが主催して話題を集めたロッケンハウス音楽祭にカルテットとして出演したほか、イタリア、ハンガリー、スロベニアを始めとした各地の音楽祭に参加を続けている。最近はフライブルグオーケストラのメンバーによる“アンサンブル・アカデミー“ に参加するど、古楽の方面にも力を注いでいる。と同時に即興演奏、アレンジなど、クロスオーバーにも挑戦、幅広いジャンル において活動している。


松下 隆二
1971年福岡生まれ。7才よりクラシックギターを坂本一比古氏に師事。和声学を吉田峰明氏に師事。 1990年 第18回山口県ギター音楽コンクール上級の部グランプリ。
1993年 第39回九州ギター音楽コンクール優勝。これを機会に渡仏パリ・エコール・ノルマル音楽院に入学。アルベルト・ポンセ、バブロ・マルケス両氏に師事。
1995年 ハバナ国際ギターフェスティバルに参加し福田進一氏と共演。帰国後はソロ・リサイタルや室内楽を盛んに行う。2000年 九州室内管弦楽団とアランフェス協奏曲第2楽章を共演し好評を博す。これまでに、レオ・ブローウェル、ペペ・ロメロ、福田進一、デイビッド・ラッセル各氏のレッスンを受講。フォレストヒルミュージックアカデミー講師、九州ギター音楽協会理事役員。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ギター - ジャンル:音楽

【2010/08/16 23:17】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック