音楽、音楽、そして音楽、とスタッフと出来事と、少々・・・♪

Powered by Ayapon RSS! オススメ 相互リンク ページランク

ご報告が遅くなりました。

まず最初に、各関連本家の方々の記事が出てますので、ステージ等の詳しいレポートはそちらを参考にされてください。

今回は、あくまでも私的な視点での「八千代座」100周年記念イベントの感想です。

ともかく、この所帯をここまで引っ張ってきた上で、なお増強されたスタッフ、そして各パート別のプロ集団の仕事を一人で仕切ったのは他でもなく、ミユキさん自信でした。リーダーとして、バンマスとして、ドライバーとして、最もハードにそしてタフな仕事をこなされた方だったと思います。
もちろん、主催の地球タンゴクラブの皆様、こちらのおかげで私も心置きなく撮影に専念させていただけましたし、何よりもこの記念すべき場に居合わせることができ、あらためて感謝しております。

さて、当日の風景ですが・・・

s20100809230604.jpg
100周年記念イベント目白押し!
しかも、玉三郎氏もこの舞台には上がったそうで、そのときはざっと750名近くのお客様だったそうです!

あらためて、歴史の古さと言いますか、いい意味での貫禄を感じさせる造りでしたね、ここは。
s20100809230488.jpg
s20100809230514.jpg
s20100809230519.jpg
座布団、提灯、その他あらゆるところにマークが入ってます。
でもって、天井の広告が当時の生活様式をそのままに伝えてくれてます。

s20100809230625.jpg
わかりますか?写真上部に書いてある文字が。
「木炭、食料、肥料、石炭」ですよ、ちょっと感動ものですよ、これは!

s20100809230596.jpg
s20100809230597.jpg
s20100809230496.jpg
s20100809230495.jpg
s20100809230497.jpg
結局ですね、これだけの所帯になったら、後は各スタッフ間の連携と働きだけですよ。そしてそれを信用してじっと待つこと!
ともかく、各所の調整から大変でしたし、またそれを上手くコントロールしながら徐々にモチベーションをあげる作業も素晴らしかったと思います。

s20100809230525.jpg
それもこれも、ここまで頑張って準備した皆が楽しみたいこともありましたが、やはり期待をして待ってくださっているお客様のため、これがまず最初でしたね。

s20100809230528.jpg
今回、音響・照明班共に全く面識が無い方々でしたので、しばしお仕事の模様を眺めておりましたが、途中で食事に出た際、音響のマノリンさんと色々と話すチャンスに恵まれました。最も、挨拶程度ですけどねw
八千代座横の釜焼きピザ家さんにて、マルゲリータ。
これがまた絶品!

s20100809230091.jpg
そして今回は更に、バンドネオンの川波さんが福岡出身ということで、地元福岡のローカル局の取材だ、ビデオ記録班だ、色々と混成で現場はかなり賑やかでした。後日、知人のご好意で無事、その録画を見ることはできました(ありがとうございます!)。

s20100809230222.jpg
s20100809230633.jpg
s20100809230148.jpg
で、何をしにここへ来たか?と聞かれれば、
写真を撮りに来ました!と答えたいわけですが、これがなかなか・・ですね。
結局【アルゼンチンタンゴを撮影する=ダンサー】のような構図になるわけですよ。当然ですけどね、フロントであれだけの動きをするわけですから。で、そうなってしまうと、そのためだけなの?となって、バックスの演奏者に関するものが薄くなったり、難しくなったり、都合よく組み立てが出来ないものかな~と、毎回考えるわけですよ。が、考えたとおりに行かないもんでしてね、これまた・・・w

s20100809230303.jpg
s20100809230311.jpg
s20100809230261.jpg
それともう一点、ここが大事なポイントで、エルフエジェも、ケンジ&リリアナも、あるいはいつも参加させてもらっているトリオ・ロス・ファンダンゴスもですけど、+αの「茶目っ気」が必ずあるんですよね、各ステージに。そこがお客様にとっての退屈しないスペースであり、シリアスな曲との緩急の変化を楽しませる大きなポイントになっているわけなんですよ。
これを見逃したら、撮影出来なかったら、もうここへ来る意味はありません!

s20100809230677.jpg
s20100809230692.jpg
s20100809230708.jpg
s20100809230220.jpg
s20100809230174.jpg
s20100809230717.jpg
s20100809230404.jpg
ただシリアスに気取ったステージだけなら、それはまた別の意味でいいでしょう。
今回、何故八千代座か?その意味が随所にちりばめられた最高のステージだったと思います。
皆様、本当にお疲れ様でした。そして主催の皆様、飲んだ席での記憶(記録)は、時として未来を創ってしまうといういい経験をされたことと思います。これからも、打ち上げ兼の新案件盛り上げてください、楽しみにしてます♪




今回は夏に新調したレンズの本格的な実験と、来るべき日に備えた実践にもなりました。
おかげさまで、思った以上に満足のいく結果が出せたのかな?と、自画自賛の手前くらいで和んでおります。
今回の写真ですが、ありがたいことにエルフエジェ公式HPのみゆきさんのブログと、ダンサーケンジさんのブログにも掲載していただいております。お暇な方はぜひ、下記ブログ記事ご覧になってください。
そしてコメントを入れてください、もっと楽しい時間が増えますように、と。

El Fuelle
http://www.miyukitango.com/
みゆきたんごblog
http://elfuelle.exblog.jp/
アルゼンチンタンゴダンサー ケン爺のウソ八百
http://blogs.yahoo.co.jp/kenjitango
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

【2010/10/11 03:14】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |


ひかる
たくさんの記録写真どうもありがとうございました。
おかげであの時の感動が、慌しさ等のいろんな感情ごった煮状態で甦ってきます。
本当にいい経験になりました。

Re: タイトルなし
ヒヨコ@管理人
こちらこそ、貴重な100周年の記念イベントに参加させていただけた事、感謝しております。
次回、また次の企画も楽しみにしております。
本当にご苦労様でした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
たくさんの記録写真どうもありがとうございました。
おかげであの時の感動が、慌しさ等のいろんな感情ごった煮状態で甦ってきます。
本当にいい経験になりました。
2010/10/12(Tue) 01:10 | URL  | ひかる #-[ 編集]
Re: タイトルなし
こちらこそ、貴重な100周年の記念イベントに参加させていただけた事、感謝しております。
次回、また次の企画も楽しみにしております。
本当にご苦労様でした。
2010/10/13(Wed) 12:29 | URL  | ヒヨコ@管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック