音楽、音楽、そして音楽、とスタッフと出来事と、少々・・・♪

Powered by Ayapon RSS! オススメ 相互リンク ページランク

 サンレイクかすやで「第15回 納涼際」を開催。
主催はヒチロさんという本屋のご主人。たった一人ではじめて、今は15回目。お客さんの数に関係なく、自分のペースで続けてこられた、とても優しく、音楽に素直な方でした。
出演者に、クラシックギターの濱田君も。今回は講師として、演奏者としても出演。特に年長の生徒さんの演奏は素直に素晴しかった。ギターがすきなんですね~というのがありありとわかる演奏は、ある面プロ同等に凄い事。他にもマンドリンとのデュオありで、なかなかに充実したステージでした。
 まだまだ定期で会を続けたいと主催者。驚いたことに、このイベントに出演する条件はギャランティー無以外は皆無。興味がある方はぜひ。
お問合せはサンレイクかすやのホール関係者のかたまで。

http://www.town.kasuya.fukuoka.jp/6sisetu/6_2kyoiku/sun_top.html


夕方、Cafe楽屋へ。店休を利用して、週末用の本格的なピアノ調整を開始との越智さんの計らいで、立会いに。ちなみに店は直方のファンダンゴスの仕事でPA出張に。
今回の作業

・鍵盤の深さ調整:前回の岩崎さん用モデルから、対クラシック用に修正を。
・アクションの微調整:今回の編成はトリオ、しかも管楽器との長期戦のため、負担が少なくなるようにバランスを再確認。
・調律:試験的に中音部の幅を広げる方向で検討。

鍵盤のバランスを取り直すために、大掛かりな工事になり、結局、鉛のバランス調整からスタート。クッションも取替え、調整用のペーパーも交換。微妙ながら、ストロークは伸びる。反面、音幅に影響が出るので、コントロールの方向を再検討。あとは当日の気候と、お客さんの入りを前提に、直前で最終調律を設定。
ま~しかし、何処の世界に自分で使うピアノの調整に立ち会って、しかも自分で調整に参加できるなんて、なかなかないチャンスでしたよ。
有意義な体験に感謝♪

最終調整はまた後日に。

協力:越智ピアノ調律技術研究所所長 越智雅之

sF1000007.jpg

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

【2006/08/20 12:00】 | 出来事(イベント偏)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック